プロフィールの書き方

僕は仕事柄プロフィールを書くことがとても多いです。
小さいころから履歴書を書くのがとても嫌だったのにこんなことになるとは、、、
ただ海外での経験はとても勉強になりました。

自分はカナダでパン屋さんで働いておりました。
ですので、この仕事に就く前に海外版履歴書を書きました、いわゆるレジュメですね。

カナダでは日本と違っていわゆる履歴書のようなきちんとした書式がありません。
ですので、とにかく自分が雇ってもらえるように工夫をしなければいけません。
特に重要なのは自分のアピールです!

僕は典型的な日本人のところがあるので、手伝ってくれる方が
「坪井さんの長所ってなんですか?」
と、聞かれても
「えーーっと、そうですね、、、元気なところですかね?」
と、もう15歳の可憐な少女か!というくらいモジモジです。
髭面ですが、、、

でもそれはカナダでは全く通用しません。
超積極的に、「俺はこんなすごくていいやつなんだ、お前はこんな俺を雇わないの?いったい何なの?」
という勢いで書かなきゃいけません。
とにかく自己アピール!
僕を飾るための形容詞・副詞が英語でなかなかでなくて「俺の中の形容詞よ、全て出てこい!」と叫んでいた相談にのってくれた方の様子が今でも思い出されます。

またスウェーデンの学校の試験に出す自己PRを書くときもとても勉強になりました。
この時は僕の書いた英文をイギリスの方が見てくれました。
その中の一か所、「18歳でドラムを始めたけれど、すぐに演奏の仕事をもらうようになる」というように書いておりました。
僕は18歳で始めたという事実と、すぐに仕事をできるようになってすごいんだぞアピールのつもりでした。
何がいけないと思います?

これを英文で書いた時に僕は「始めたけれど」のところで「but」を使いました。
それを代えようと。
Butやthoughなどのネガティブワードはこういう文章の時は使わないようにするのよ、と教えてくれました。
ですので英語で「…始めた、しかしすぐに仕事…」を「…始めた、そしてすぐに仕事…」に代えました。

これらのことは僕の個人的な経験なので、その国がと一概には言えないと思いますが、とっても勉強になりました。
このように海外の自己紹介を経験することで思ったことがあります。

僕らはよく文字数を制限されてプロフィールを送ります。
ですので長いプロフィールから抽出しなければいけないんです。
そこで日本の方のプロフィールでよく目にするのが、共演履歴・有名場所での演奏履歴・何々賞受賞などです。
もちろんこれらはとてもアピールになりますし、これらを通してどんな演奏者かはうっすら分かります。
でも僕は少し思ってしまいます、「あなたはどんな人なの?」

僕の共演者でデンマーク人の音楽家がいて、必要があったのでプロフィールを送ってもらいました。
彼は日本ではほとんど無名に近いですが、なんと世界はもちろん日本の若手にも大人気のニューヨークでバリバリに活躍してるミュージシャンに雇われ、ヨーロッパツアーをしています。
前作にはその人たちと録音してます。
しかもいろんな世界的なフェスに出演しています。
しかし共演履歴やフェスの参加は書いておらず、彼はどういうことをしてきて、どういう音楽表現を現在しているかが書かれておりました。
カッコイイと思いました。

僕は昔から大学名は聞くけど、学部を聞かないのはどうしてだろうと思っていました。
「慶応すごいね」「東大、むちゃくちゃ頭いいじゃん!」
違いますよね、慶応・東大で何をしたの?
大手企業であろうがなかろうが、あなたは何をしてて何を目指してるの?
そこが重要だと思います。

僕は大学で教育学部にいたけれど、音楽家になりたくて練習ばかりで中退し、児童相談所やサポート校・地方のド田舎の医院で働いた経験で音楽の可能性に気づき、視野を広げるため海外修行に行き、帰国後ジャンルを超えた音楽を目指しながら、芸術と教育・福祉との関わりを模索しています。

これじゃだめですかね?

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中