ネパールの光景

自分はインドも行ったのですが、その時にネパールにも行きました。
ネパールで主に行ったところは、カトマンズです。
僕は響きが楽しいので、カトマンドゥー(ドゥ―に気合を入れて発音)と呼びます。
もちろん同時に顔もカトマン・ドゥー!に応じて変化し発音します。

さて、まずネパールに着いて早速街中に出ましたが、インドよりも落ち着いており安心しました。
インドのことはまた後日書きますね。
でも驚いたのは、街中のいたるところに自動小銃?を背負った迷彩の方がいらっしゃいます。
治安はそんなに悪くないそうなのですが、やはりあの姿はドキドキしますね。

街の方々は素朴で優しい方に会うことのほうが断然多く、自分はとても過ごしやすかったです。
物売りの人もそんなにしつこい方もいなく、ありがたかったです。

ネパールで印象的だったのは、いろいろな文化が混ざっていることでした。
特にインド・中国・チベットの文化が混ざっており、とても興味深かったです。
食事もインド料理や中華料理に近いもの、またモモに代表されるチベット料理に近いものなどいろいろありました。
宗教もチベット仏教も入ってきており、ボダナートは自分にまったく馴染みがなかったので驚くことばかりでした。
ちなみにここで買った連結した小さい鐘は、とてもいい音でした。

あ、あとここにはサルがたっくさんいるのですが、人に慣れてて道端で余裕ぶっこきまくってます。
中にはサル同士が毛づくろい?してるのですが、されてるほうが仰向けになり両手両足を思いっきり投げ出してされるがままになっておりました。
僕がトルコでされた光景を思い出し、「この子ももうお嫁にいけないな」と思ったのは言うまでもありませんね。
とりあえず、心の中で手を合わせさっき買った鐘が「チーン」と鳴っておりました。

こんなネパールの旅ですが、一番印象的だったのは火葬場があるバグマティ川。
ここにはヒンドゥ教徒の寺院、パシュパティナートがあります。
僕が行った時にも川岸で火が上がっておりました。
またちょうど寺院のほうでお祭りもしてました。
そして通りにはお土産屋があります。
近くには絵で書いたようなヒンドゥ教徒姿の方がいて、シャッターをきるしぐさを僕にしてきます。
それにつられて写真を撮ったら、お金をとられます。

みなさま、この光景が分かりますでしょうか?
寺院に渡る橋があるのですが、そこから上流側に見えるすぐの建物は死が近い人の施設だそうです。
その建物からも繋がってる階段を降りた川で、子ども達が晴れ渡った空のもとで元気に声をあげ川遊びをしておりました。
そのほんのすぐの所では亡くなった方を嗚咽し泣き崩れながら、死体を川の水で清めてる方たちがいました。
そして橋より下流を見ると勢いよく火が上がってます。
その先では焼け終わり、灰を川に流しています。

かとおもいきや寺ではお祭り、老若男女の参拝人、赤ちゃんを連れた方も多くいました。
上記のように通りにはうさんくさい姿でお金をせびる人、商人、僕ら観光客、喪に入り髪の毛を剃っている最中の方などいろんな方がいます。
いろんな動物もいました。
ありとあらゆるものが、橋から300メートル行かない範囲に凝縮してました。
この光景は、何と言葉にしてよいかわかりません。

これを踏まえて、山の上から見たこの盆地の景色を思い出すと王宮とその外の、かつて海外のヒッピーもラリリながらたむろしていた広場、クマリの伝統なども併せて思い出され、非常に感慨深く思えます。
そして最後に思い出すのが、残念なことにモヤがかかりその山からは見えなかったけれど、帰りの飛行機で見れたエベレストなどの山々です。
雲の上に大きく突き出てたあの立派な姿はいつかもう一度見に行きたいと思います。

僕が行ったのはネパールの大地震の前でした。
僕は大地震後、日本で微々たる募金しかできませんでしたが、現地の方々に深い哀悼の意を表します。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中