関東進出!

もうご存知の方も多いと思いますが、自分は大分県別府市出身です。
この大好きな故郷を離れたのは、大学で千葉に来た時です。
ですので、こっちに来て驚くことは多かったです。

まずは電車。
都会の電車は超長い!
♪でーんしゃは、続く―よ。どーこまーでもー♪
大分は基本2両でしたよ。

あと、各停?快速?通勤快速?準急?
なんじゃそりゃー!ですよ。
自分、普通と特急しか知らんっす。
快速は、最初普通の切符だけで乗れないと思っていたので、しばらくは東京に行くにも各停で行ってました。

そして、電車の本数の多いこと!
別府大分間は基本1時間に2本です。
だけどこれは大分のほうがいいかも。
だって、朝の7時8分の電車にはステキなあの子と同じ電車、などの楽しみがありました。
男子校の自分には、これくらい許してほしいっす。

ただ今思うと大変なのは、終電。
当時は10時40分が最終。
そりゃ、飲み屋の閉まるのも早くなりますよ。

次には、ファミレス。
ファミレスってものがいろいろあることにびっくり!
あたしは、ジョイフルしか知らんっす。
ドリンクバーなんて、知らなかったので最初に先輩に
「お前、ドリンクバーは?」
って聞かれたとき、「なぜ、わざわざアイスを勧める?」と、驚いたものです。
ただ残念だったのは、チェーン店が普及してるせいでしょうか、安くてうまい定食屋などを地元出身の子に聞いてもなかなか答えてくれる人がいなかったです。

カップラーメンも全然違いました。
うまかっちゃんがない!サンポー焼豚もない!ペヤングってなんじゃい!
うまかっちゃんは、ようやく見つけたと思ったら、パッケージが黄色でなくピンク!
はっきり申し上げましょう、「ピンク、気持ち悪いっす」
ある日、どん兵衛が西と東で味が違うと聞いたので送ってもらいました。
送ってもらった方には小っちゃく(W)と、千葉で買ったのは(E)と書かれてます。
東京と静岡の子にも食べ比べてもらったのですが、(W)のほうがうまかったですね。
少し甘みがあるんです。

チェーン店で言えば、電気屋。
録音用のマイクがほしいので、先輩にどこに売ってるか聞いたら、千葉にヨドバシカメラがあるからそこでと。
さっそくメモをしました。
「淀橋カメラ」
むしろ難しい漢字を知ってるねと、大ウケしました。

さて、何といっても関東に来て一番苦労したのは言葉です。
僕は中学から大分市に行っていたので、そんなに方言は強く無いほうでしたが、同級生に言われたのは、言ってることはわかるけど、怒ってるように思うことがあると。
「お前、何しょんの?」とか言われたら、悪いことしたかなとドキッとすると。
さあ、男子校出身の自分は女性と話すのにも慣れてもいないので、「こりゃ、いけん」と思い、方言は大事にしたいけど、丁寧にしゃべることを心がけます。
さあ、そうするとどうなったと思います。
「あたし、元気よ」
「そうね、そう思うわ」
「それ、食べていいんよ」
そうです、オネエ言葉みたいになってしまったのです!

当時は丸刈りに髭でした。
ですので、汚い格好した男子校出身の髭坊主がオネエ言葉でしゃべる、最高でしょ?
しかも常に裏返ってるような甲高い声の坪井、完璧です!

都会は怖いところ、あの純朴な少年は、もういないのであります。 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中