トルコの思い出

いろいろ外国に行っておりますが、今回はトルコのことを書きます。

僕は千葉大を中退して、通信制サポート校の音楽講師になりました。
このころが一番、どうしていこうと苦しんでいた時です。
当時、僕が大好きな方々(この方々のジャムセッションなんてなかったっす)に何とか食い込みたいけど、どうやったら食い込めるのだろう?と四苦八苦しており、演奏の仕事もそこそこで傍から見たら、何をしたいんだろう?という感じだったかもしれません。

もちろん、このころすでに北欧に行くために準備をするということは決めてましたし、教育界に入っていきたい、いろんなミュージシャンと演奏したい、しかしいったいどうすればよいのだろう?と苦しんでおりました。

そういう状況なので、母や姉が見かねたのでしょう、母が「洋を外に連れていきなさい」と、仕事の関係も含めて海外に慣れている姉に言い、ボディーガードということで、姉のトルコ旅行についていくことになりました。
これが、海外の経験が増えていく最初でした。

いちおうツアーということですので、基本ガイドさんに各箇所に連れていってもらう初心者向けのものです。
ここで、経験したことがその後の海外での楽しみ方などに大きく影響しているのは間違いないです。

まず驚いたのは、姉がついた最初のホテルで、近くにスーパーがあるから行こうと言いだしました。
僕は何でと思いましたが、行ったらよく分かりました。
向こうの”普通”が、売ってるもの・訪れてる人、などで垣間見えるんですね。
「姉ちゃん、なにこれ?すごくない?」
と楽しみまくってました。

バスで移動しまくりでしたが、行くとこ行くとこの大自然・建築物などどれもスケールが大きく素晴らしかったですね。
ただ食事がかなりつらかったですね、僕は食事の我慢の幅が広いはずなのですが。

トルコは日本で世界三大料理の一つなんて言われてますが、現地ガイドさんは種類が多いからじゃない?などと言ってました。
僕はケバブのイメージでしたので、漫画のジョジョ3部(これはたしかアラブ辺りですが)で見たクルクル回るお肉を見たい食べたいと興奮してました。

しかし出てくるのは、豆料理ばっかり!
あと生野菜がない!

これは、ツアーでしたから食べるとこやメニューがほとんど決まってました。
生野菜が食べれないつらさを知ったのはこの時が初めてでした。
一度、ホテルバイキングで人参の千切りがあった時には、それを食べまくりました。

もうツアー会社のいじわるかと思うほど、豆ばかりです。
豆の煮たり焼いたりはもちろん、すりおろしてスープにしたもの、はたまたデザートまで豆が出てくる始末。
残すのが嫌いな自分もさすがに最後らへんは、残してしまうこともありました。
一度、焼き魚が出たときはうれしくてばっちり食べたら、他のツアーのおばさまたちに「まあ、きれいに食べて!育ちがいいのね、おほほ!」と言われてしまいました。

ツアーですので少し高級だからなのか、まめの工夫がこれでもかとされ、いろんな攻められ方をしました。
B級グルメのほうが、百億倍うまそうでしたよ。
ケバブは肉に生野菜ですよ、最高でしょ!
でもやっと食べれたのは、最後のイスタンブールのバザールで自由行動になった時だけでした。
本当にうまかったなあ。

でもお茶は最高でした。
入れ物も小さいくびれたガラスで、かわいいですし、紅茶に砂糖を入れて飲むのにはまりました。
泥コーヒーと呼ばれるものも有名でしたが、口にする機会がありませんでした。

他に洞窟のレストランで観て聴いたベリーダンスもすばらしかったですし、いろいろありますが、やはり僕はハマムのことを書きたいです。
トルコ風呂ですね。
これは別に風俗店でなく、垢すりとアワアワに包まれるのが特徴的な、風呂というより、サウナとマッサージに近いと思います。
姉はこれが一番の目的でしたので、絶対行く!とようやく時間があったホテルのハマムに僕を連れていきました。

実は僕は年配の方が多いツアー参加者の中に一人、ステキだなって思う若い女性がいました。
母親と来ており、静かなやさしそうな女性でした。
別にどうとはしたりしないですが、そう思っていただけです。

で、姉とハマムと行くことになり、大ハリキリの姉は、「やらなきゃトルコに来た意味がない!」と僕のマッサージ料金も出してくれました。
混浴で水着で入るしか前情報がなかったのですが、行ってびっくり、ちょっと高級そうな大理石造りで、中央に少し高くなったステージのようなものがあります。
「うわー、すごいなあ」と思ってみていると、僕らが呼ばれました。
なんとそのステージの上で、垢すりなどを受けるのです。

他の方は周りでくつろいでいたりします。
奥の部屋に行くにもここを必ず通らなきゃいけません。

もうこれは、見世物ですよ!
しかも造りが少し高級な大理石とかなので、より一層それっぽい!
毛深く男らしい男性が僕をアワアワにし、一生懸命こすってくれます。
大理石もあったかいですし、アワもフワフワです。
でも僕は、ずっと
「姉ちゃん、どういうこと?どうなってるの?」
と震えながら、ずっと呟き、されるがままでした。

筋を伸ばしてくれてるのでしょう、いろんな体勢もさせられます。
背中を床に着け、足を持たれ「つ」の字(膝を頭のほうにつける体勢)にさせられたときは、もう自分は周りにいったい何を見せてるのか、自分が男なのか女なのかも分かりませんでした。
ただただ辱めを受けただけのようでした。

アワが流され、ふと顔をあげるとそこにはそのステキな女性親子がいました。
お母さんのほうが「しなくてよかったわぁ」と言っておりました。
ステキな娘さんは、見ちゃいけないと思ったのか僕と目があった瞬間、目をそらしてくださいました。

これが、僕の「もう、お嫁にいけない」シリーズの最後と思います。
ステージの上で、アワアワになり、毛深い男前になすがままにされ、それをステキと思っていた人にみられる、、、
僕はこの先、結婚できるのでしょうか、、、

以上、トルコの思い出でした。

広告

トルコの思い出」への3件のフィードバック

    • スタックさん、コメントありがとうございます。
      こっちのコメント慣れてないので、何か間違ってたらすいませんです。

      豆は煮ても焼いてもデザートにしても風味があり、疲れるって感じになりました。
      でも帰国したら不通に豆は前のように好きに戻れました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中