超個人的な音楽体験~ドイツ~

さて、最後は僕の海外修行の最後の国、ドイツです。

ここも書けることはいっぱいありますね。
まず何で僕がここに行ったのかを書くと見えてくるものがあると思います。

僕はスウェーデンで一区切りがつき、次はどうしようかと考えていた時にとてもお世話になってる素晴らしいドラマーTerje Sundbyさんに相談しました。
そうするとTerjeさんは

「お前はあとはいろんな人と交流・演奏をし、音楽を広げていきなさい。今、ヨーロッパではベルリンに人が集まってきてて、とても面白いという話をよく聞く。そこに行ってみるといいんじゃないか」

とおっしゃいます。
そこで、ドイツをいろいろ調べたり、他のミュージシャンにも話を聞いたりしてもやはり面白そうだ。
中には「昔のニューヨークみたいで、何かが起こりそうな音楽都市だ!」と表現する人もしばしば。

ビザのこともあったから、ドイツの大学を調べて、そこの先生を調べるとびっくり!
ケルン大の当時筆頭教授になったJonas Burgwinkelを発見してしまう。
僕より若い?彼は怪物中の怪物!!
今まで見たことのないようなすんごいドラマーで、フリーもストレートアヘッドもメタルもビバップも垣根なく彼の演奏をしている。
もう、あははーん!と思い、ドイツに行くことを決めてしまいました。

そのあと調べると、やはりスウェーデンのように各都市で特色が少し違うらしい。
ケルンは、フリー色が少し強く、例えばフランクフルトはビバップ色からの流れが強めらしい。
ベルリンはやはり規模が一番大きく、悩んだ末、チャンスのより多いベルリンに行くことに決めました。

ベルリンは本当にいろんなシーンがありました。
音楽だけでなく、芸術全般に言えることで、いろんな人が集まっており、交流も盛ん。外国人も非常に多い。
そして何より、芸術に対して身近で、とても大事にされているようすがそこかしこからします。

例えば印象的なのは、はじめのころ道が不安でバスの使い方が分からなかったのでタクシーに乗ったら、若い運ちゃんが爆音でクラッシックを聴いてました。
ジャムセッションはジャズやファンクなどに限らずクラッシック・ダンス・美術などもあります。
クラッシックのストリートミュージシャンはいたるところにいます。

ですので、演奏のお店は超満員のところだらけです。
みんな、飲みに行く感覚でライブバーに行くんですね。

そしておもしろいのは、お客の反応です。
日本で「難しいよ」とか勝手に言われてそうなフリー色の強い演奏でも圧倒的な何かがあれば、お客は総立ち、拍手喝采の雨あられになります。
「何なんだ!君たちスゲー!」と、素直になるんです。
理論的に小難しい、ジャズとはこうだ、などどうでもよく、出てきたものが純粋に面白ければお客は喜んでくれます。
もちろんそればかりではありませんが、例えば僕の所属してる「元太平洋」なんて、ベルリンに行ったら超話題になるでしょうね。
音楽を枠にはめて聴いてないお客の多さにはびっくりしました。

またベルリンでは、Jazz(もしくは芸術)が観光産業の一部を大きく担っています。
あるJazzバーは、世界各国からの観光客が半数を占めます。
僕もいろんなお客と話しましたが、Jazzをいろいろ聴きに来るためだけにベルリンに来てる人もたくさんいました。

もちろんいいとこばかりでもないですし、昔はもっと賑わってたという方もいらっしゃいます。

ただ確実に言えることは、ベルリンではJazzは昔の音楽でなく、経済の一翼も担い、生活の一部になっている身近なものでもありました。

日本で常識的に言われてるようなJazzのことは、どこ吹く風という感じでしたね。

広告

超個人的な音楽体験~スウェーデン~

僕が、ヨーロッパジャズに興味を持ったのは、キース・ジャレットからです。
ご存知、ヨーロピアンカルテットですね。
あのドラムのヤン・クリステンセンが大好きですし、ヤン・ガルバレク、たまたま買ったヘルゲ・リエンなどがノルウェー出身だったのもあって、北欧で音楽を学ぶならノルウェーなのかなと思っていました。

しかし、いろいろ調べていくとスウェーデンもすごく盛んという話を聞くし、調べてくれた友達がこんな学校あるよとストックホルムの学校を調べてくれ、また森泰人さんという超素晴らしいスウェーデン在住のベーシストがいらっしゃるのを知り、スウェーデンに決定しました。
なんやかんやでスウェーデンのイェーテボリ近郊のLjunskile(ユンシーレ)の学校に在籍しました。(ここら辺の事情はTre fargerの今度発売のライナーで森さんが書いてくださってます)

さて、イェーテボリはスウェーデン第2都市ですが、人口50万程度で、日本に比べると小さな都市です。
超すごいベーシストAnders Jorminが音楽長のイェーテボリ大学もあるこの町は、ストックホルムに比べるとフリー色の強いミュージシャンやいろんな新しい音楽を求める人が集まりやすいそうで、ストックホルムとは住み分けが少しあるそうです。

日本からすると驚くことの一つにJazzのプロが別にこの2都市だけに住んでるだけでなく、いろんなとこに住んでるようです。
日本でJazzで暮らしたいって思ったら、東京のみ、ギリギリ大阪でしょう。
でもスウェーデンは違います、もちろんこの2都市やマルメには多いですが、東京ほどの集中ではないです。

また、おもしろい話があります。
僕のことをとても面倒見てくださった先生で、イェーテボリに住んでらっしゃるTerje Sundbyさん(素晴らしい作曲家でもあり、僕のヨーロッパ行のきっかけになったキースのバンドのベーシストともアルバムを2枚出してます)の演奏を聴きたくて、いつイェーテボリでライブするんですかと聞いたら、しばらくないと。
結局この方のライブを聴けるチャンスは在スウェーデン中、2回だけでした。
もちろん両方行きましたけど。

みなさん、この2つの話からどういうことか分かりますか?

まず1つ目は、演奏の中心はツアーなんです。
ですので、Terjeさんを聴きたくてもイェーテボリでなく違うとこでするんです。

2つ目は、Jazzの公機関の学校がスウェーデン各地にあります。
FHSという大学の前や後に行く位置づけの学校があって、Jazz科があるところが多い。
ですので、素晴らしいミュージシャンたちはそこで教鞭を取ってることが多い。
Terjeさんは僕のいるLjunskile以外にデンマークの大学でも週何回か教えてました。
Lars JanssonもLjunskileに来てくれたことがあります。

要するにどういうことかというと、普段生活を教師として過ごしながら、バンド単位などで自分もしくは自分たちの音楽をゆっくりつくっていき、ツアーで演奏するという方が多い。
ですので、スウェーデンは長く一緒にやってるバンドが多かったです。
国が学校の存在で、ミュージシャンを保護してるようです。
ちなみにスウェーデンはJazz演奏を聴くのに学割があり、市からお金が出たりするそうです。

もちろん全ミュージシャンがこうではないですが、圧倒的に一人一人のライブの数は日本に比べると少なかったですね。

ところで、上述から分かるように学校の果たしてる役割は大きく、他に良いところ悪いところもあるようです。
ライブの数やいろんな人と演奏するのと自分たちの音楽をじっくり作り上げていくのはバランスが大事だと言います。
またあるスーパーなミュージシャンが言っておりました。
「僕らのころは、ライブやジャムセッションも学校で、いろんな年代の人とも交流して、それが音楽性を深め大きくしてくれた。しかし、今は少し心配がある。同じFHSに行って、同じ大学に入りそのままずっと同じメンバーで演奏をしていくやつらが増え、音楽や人が小さいやつらが多くなってる」と。
また、もう演奏は9割引退状態なのに偉そうに、これが今のJazzだと教えてる職業教師など、いろいろあるようです。

僕が、スウェーデンのこの学校で驚き、いいなと思ったのは、クラシック科の存在です。
スウェーデンのクラシックの方はJazzも好きな人が多いというか、垣根なく普通にいろんなのを聴く人が多く、情報交換しあったり共演したりします。
もちろん逆もしかりですし、他の音楽の科の人たちも垣根なく交流共演します。

僕もスティーブ・ライヒの曲をクラシック科の子たちとやりましたし、一緒に練習もよくしました。
スウェーデンのフォークソング科の子達と共演・セッションしました。
即興のジャムセッションにクラッシック科の子たちも普通に参加します。
いろんな刺激をもらえたなぁ。

まだまだスウェーデンの音楽のことで書けることはありますが、今回のシリーズではこのくらいにしときます。

箸休め的な話、、、かも

さて、海外音楽の話の4つ中2つを書いたので、間にまったく違う話を書きます。

医療的な話ですが、「お下品ですわ!」という話が嫌いな方は、読まずに飛ばしてください。

わたくしはですね、大学2年生の時にパスタ屋のバイトをしてました。

料理補助と皿洗いでずっと立ちっぱなしでした。

ドラマーは座り仕事だったので、立っているのは苦手でした。

そしたらびっくり!2・3か月たったある日、小をしていると色がこげ茶なのです!!

「なんだこれは!」とびっくりしたけど、しばらくしたら治まったので、ほっときました。

そして、またバイトに行くとこげ茶になります。

「おかしいぞ?」思ったけど、また次の日には普通の黄色です。

と、思ったらポロッと何か赤い塊のようなものがでました。

黄+赤=こげ茶?「もしや、血尿?」と、思いましたが、痛みはありません。

ありのままを父に話すと、どうやら血尿で、病院に行くことになりました。

そうすると、尿に血が混じってるようです。

でもバイトした時だけ、激しくこげ茶です。

いろいろ調べたけど原因は分からず、お医者が言うには急に立ち仕事をはじめると内臓が下がって出ることもあると。

バイトの後だけとも一致するので、それっきりになりバイトを辞めたあとは出なくなりました。

その後、前にも書きましたが、胆のう結石で入院し、手術後の尿管に苦しめられました。

でも血尿はでませんでしたが、おもしろかったのは尿管を抜いて最初の小の時、空気が出ました!

まるで、おならのようにブビーと。

「すげーっ!いてーっ!」と、苦し楽しみました。

そして、音楽生活の悪戦苦闘は続き、ビデオ屋でアルバイトを始めました。

そしたらやっぱり立ち仕事が多く、血尿が出ました。

当時、彼女もいたので、たぶんあれだけど、もしかしてがあって、うつす病気でもまずいと思い、再度病院に行きました。

どうせ、何もないだろうと思ってましたが、やはり先生も特に何かはないね、とおっしゃいました。

「よかった」と、安心してたら先生が、

「今日の午後空いてる?」

と、

先生は女医さんで、ドキドキの展開です。

「はい、何にもないっすけど」

と、答えると

「今日は検査も入ってなくて、午後時間あるから、念のため膀胱をカメラで検査しよう!」

ドキドキの展開です!(もちろん少女漫画的展開でないですよ、彼女もいましたし、僕は絶対に浮気をしません!)

そう、カメラです!

尿道に突っ込むんす!あのつらいのが再びっす!

抜いてもしばらく痛みと残尿感のようなものが抜けなかった嫌な感覚、再来です。

またおならも出ます!

げんなりしましたが、やるべきことはやるべきと覚悟を決めました。

そしたら、さらにつらいことが待っておりました。

あの、なんていうんでしょう?分娩椅子?テレビで見た出産のときに女性が座る椅子が用意されてます。

僕はそこに座らされ、ズボンを脱ぎ、カーテンのようなもので下半身だけ遮られ、股を開かされました。

もう生む準備万端です!

そして、下半身側には40代くらいの女医さんと午前にはいなかった若い看護婦さんまで補佐に来ております。

もう恥ずかしいったらなんの、僕の見えない向こう側でゴソゴソ。

一生懸命お仕事をされてるのですが、見えないせいもあり、辱めを受けてるだけに感じてしまいます。

ですので、僕は思いました。

「もう、お嫁にいけない、、、」

けっきょく病気は見つからずよかったのですが、おならも出ましたし、尿道の強い違和感もしばらくしっかりありました。

しかも、あたし、お嫁に行けない身になってしまいました。

みなさん、健康が一番でございます!

超個人的な音楽体験~トロント~

僕は、トロントに行く前にバークリー系の人たちからボストン・ニューヨーク辺りのジャズマンの様子を聞いていました。
「チャージ安く、すごい人が聴けるよ」
「ジャムセッションとかで噂になると、情報が回って知らない人からもギグの誘いが来たりすることもあるよ」

と、わくわくして行きました。
トロントも似た感じじゃない、、、、かなと。
.
さて、トロントにきてまず驚いたのは何かと申しますと、Jazzの認知度です。

僕は語学学校に最初の3か月通ったのですが、そこでやはりいろいろな人に自己紹介をします。
ですので、僕はやはりドラムをやっていて、Jazzをよく演奏するという話になります。
そうすると、先生たちが

「The Rexって知ってる?」

と聞いてきます。

実はThe Rexは、僕もチェックしておいたJazzのお店で、雰囲気は少し広めで開放的なバーです。
僕が調べた限りで出演者は、Dave Liebman,Joe Labarberaなど世界のトッププレイヤーも来てます。

そこを別にJazzフリークでもない方が知ってるし、行ったりしてるんですね。
これは何人かだけでなく、いい飲み屋としてもいろんな人が知っており、行っておりました。

信じられます?

確かにトロントは東京に比べるとかなり小さい第一都市ですが、日本で特別Jazz好きでない方で新宿Pit inn・吉祥寺Sometimeなどを知ってる人がどんだけいます?
青山の外国人ミュージシャンがよく来るお店でなく、その国のミュージシャンの一流が集まるお店をですよ!

チャージがないからかと思いきや、いい演奏をすれば、チップがガンガン入ります。
20ドル紙幣の山はざらです。

ただJazzのお店はそんなに多くなく、さらにジャムセッションをしているところはなかなかなく、ミュージシャンと知り合うのに苦労しました。

またミュージシャンに知り合うことに関して、アメリカの話を聞いてワクワクしてた僕は壁にぶつかりました。

僕は、偉そうに書くと、The Rexでもジャムでいいアピールができ、お客さんにもミュージシャンにもよく褒められ「お前は住んでるのか?」とか聞かれました。
でもそこから全く話が進みません。あれ、知らない人どころかよく会うやつからもギグの話にならないぞ。
明らかに彼らは、ぼくよりいまいちなやつとも演奏してます。

なんでー!あたし、いまいちなのかな?と自信を失いかけてました。

しかし、同じことが他でも起こっていました。

トロントに来て3・4か月たったある日にもう一人の日本人ドラマーに出会いました。

その人はファンク系のドラマーで、すばらしいドラマーでした

僕はそのころファンク系は少し苦手でしたが、彼はガンガンに見せることもできるし、音楽的にもすばらしく、かなりいいドラマーでした。

彼にファンク系のセッションを紹介し、一緒によく行きました。

そこで、彼はヒーローになりました。

お客は総立ち、ミュージシャンはもう一曲やろうよと押しかけまくり。

でも彼も全く共演の話になりません。

「またセッション来いよ」だけです。

そして毎回違う明らかに彼よりもいまいちなホストの演奏を聞いてから、彼がヒーローになります。

せいぜいFacebookをやってるか?だけです。

僕がなんとかプライベートセッションまで持ち込めた人も言ってたのですが、どうやらトロントではコミュニティがしっかり出来上がってるようです。

基本的には、Jazzはトロントもしくはモントリオールの音大を出たやつで、仕事が回っており、それ以外のやつが演奏の場に食い込んでいくのは、非常に難しいらしいです。

確かに他の仕事もそうなんです。

トロントはコネが非常に重要で、知らない人を面接でなんて、なかなか取らないようなのです。
悪いことではありません、信頼がそっちのほうがありますもんね。

また、面白いやつとやろうというミュージシャンはアメリカに流れます。
そりゃそうですよね。

逆に言えば一度食い込めれば楽です。
彼も僕もだいぶ頑張りましたが、演奏だけでは食い込めずにタイムアップ、トロントを去りました。
僕はまだまだ甘いとこあったけど、彼に演奏の話がゼロで終わったのはびっくりでした。

いろいろ考えさせられ、いい洗礼も受けたトロントでした。