2014年を思い出す ①

初めてのブログ書き込み、どきどきですな。
今回は音楽寄りになります。

2014年を振り返ってみます。

丁度、一年前のこのころはヨーロッパとのつながりもでき、そろそろ
拠点をもってやっていきたいなと思っていた時期でした。

これからの選択の大きな決め手の一つを思い出します。

Kenneth Dahl Knudsenの、「ヒロ、日本でツアーをいっしょにしないか?」

の一言です。

Kennethはベルリンで売れっ子のミュージシャンで、あとで分かったんですが
Johnathan Blakeなどすごいプレイヤーと録音してる超強力世界的プレイヤー
です。

Kennethは、実はスウェーデン時代とても懇意に面倒を見てくれてたTerje Sundbyさんが紹介してくれたプレイヤーでした。
(去年Mr.TerjeはPalle Daniellsonと2枚目になるライブレコーディングを発売し
たといえばわかる方もいるでしょう)

このようにKennethは知ってたんですが、なかなか機会がなく年末に行ったセッションで初めて彼の前で演奏しました。

そこで、こう言ってくれたんです。

もうあたしは興奮しましたよ。

「もちろーーーーん!!!」

この一言はとても大きく、日本を拠点に世界とつながっていく!と決めた大きなものでした。
そして帰国を決めたら、給与のいいレギュラーの話や面白い演奏の誘いをもらえ、ギャーってなりました。

次回は、続きということで、日本に帰ってきてからを書きたいな。

広告